スポンサードリンク
Home >> ダイエット関連記事 >> 肥満は太りやすい体質を決める遺伝子が原因

肥満は太りやすい体質を決める遺伝子が原因

人間には太りやすい体質の人とそうでもない体質の人がいます。
ダイエットをしてもあまり効果がでない・効果が出にくい人もいれば、いくら食べても太らない「痩せの大食い」もいるのはご存知ですね。
摂取したカロリーは同じなのに体重に差があるのは、体質による差、つまり、個人のもつ遺伝子(遺伝素因)の差なのです。


肥満になる原因というのは人それぞれですが、基本的には太りやすい体質の人が食べすぎや運動不足などになりやすい環境で生活すると起こります。
つまり、肥満は「遺伝」と「環境」との両方に関連しています。


では、肥満の原因として遺伝と環境のどちらのほうが影響が大きいのでしょうか。
研究によると現段階では、肥満において遺伝子は平均で70%も影響を及ぼしていることがわかっています。
これは、双子や養子、家族内で体重を比較する研究によって得られた数字です。


遺伝子を対象にした学問として、「分子生物学」という学問があります。
1990年代になると、分子生物学の研究対象として肥満が注目されるようになりました。
さまざまな分子生物学の研究を通して発見されたのが、肥満を引き起こす遺伝子、こちらの記事で述べたレプチンを作り出す遺伝子(ob遺伝子)や特定のアドレナリン受容体遺伝子などの多くの遺伝子です。
現在では、遺伝素因による肥満の物的な証拠としてさまざまな遺伝子が関連付けられています。


『肥満が遺伝する』というのは、環境による影響を考慮しても、親や兄弟などの遺伝的関係の近い人々が類似性を示すという意味になります。
体重には、まだ発見されていない遺伝子も含めて、たくさんの遺伝子が関与しているのです。


ですが「わたしは親も兄弟も太っているから一生痩せられない・・・」とがっかりすることはありません。
太りやすい体質を遺伝的に受け継いでいる人でも、適切なダイエットによって肥満を防ぐことは可能なのです。


■太りやすい体質の人とそうでない人は個人の持つ遺伝子の差による■
同じカロリーを摂取

太らない人・太る人

個人の持つ遺伝子(遺伝素因)の差


■肥満と遺伝・環境の関係■
100%遺伝:ADA欠損症といった先天性疾患
通常:肥満の原因40%〜80%が遺伝素因
100%環境:公害病、エイズ、マラリアなどの感染症


 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Search

Entry

Archives

Category