スポンサードリンク
Home >> ダイエット関連記事 >> 摂取カロリーと栄養バランスがダイエットの要!

摂取カロリーと栄養バランスがダイエットの要!

摂取カロリーを決め、栄養バランスを考える

 

ダイエットする時には、必要な栄養素を摂取しつつエネルギー総量を抑えることがコツです。
三大栄養素のタンパク質、脂質、糖質の摂取カロリーに対する比率を『PFCバランス』と言います。
PFCバランスは、タンパク質15%、脂質25%、糖質60%が良いバランスとされています。


低カロリーの食事で問題となるのが、タンパク質の不足です。
タンパク質を主とする食品では、脂肪の含有量によってカロリーが大きく違っています。
脂たっぷりの牛肉と、鳥のささ身では、グラム当たりのカロリーが大きく違うという事です。
そのため、決められた摂取カロリー内である程度のボリュームを出すためには、低脂肪の食材を選ぶことになります。
その結果、低脂肪・高たんぱくの食品構成になるので、タンパク質由来のカロリーは20〜25%に増加し、脂質由来のカロリーは15〜20%に低下する事が多いのです。


摂取カロリーをかなり少なくして、機微点野ダイエットをする時には、必要な栄養素の不足が起こりやすくなるため、注意が必要です。
以前、断食が流行しましたが、断食は究極のカロリー制限によるダイエット法と言えます。
ですが、断食による急激な体重減少は、骨や筋肉といった『除脂肪体重』の減少を生じ、電解質のバランスを崩すため、全身の倦怠感や不整脈、突然死などの副作用が問題となりました。
その後、必要最低限のタンパク質を摂取することで、断食の副作用を予防できる事が判明、現在では高タンパク質食による低エネルギー食での療法が用いられています。


タンパク質だけではなく、ビタミンやミネラルが不足しないようにするのも重要なポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Search

Entry

Archives

Category