スポンサードリンク
Home >> ダイエット関連記事 >> 肥満の治療法とは?

肥満の治療法とは?

肥満の治療方法は5つあります。
食事療法・運動療法・薬物療法・遺伝子治療・外科治療の5つです。
ですが、遺伝子治療や外科治療というのは、どっちが縦で横かもわからない重度の肥満者が行うもので、あまり現実的ではありません。
食事療法と運動療法を行い、場合によってはそれを補助するようなサプリメントを摂取する・・・
つまりダイエットで体重を減らすのが現実的です。
実際に食事療法と運動によるダイエットは広く行われていますが、近年の肥満者の増加の割合からすると、効果を上げているとはいえないようです。


肥満の原因が主に個人の体質、つまり遺伝子情報にある場合は、ダイエットだけで標準体重まで体重を減らすのは非常に困難です。
個人の持つ遺伝子に差があるのに、同じ食事や運動メニューでダイエットを指導するのは無理がある、ということです。
BMI30を超えるような重度の肥満者に対しては、胃や小腸などの消化器官に外科手術をして、消化吸収を抑制する方法がとられます。
また、美容外科界で有名な、脂肪吸引手術もあります。
脂肪吸引は落としにくい皮下脂肪をとる事ができるため、体のラインが気になる女性中心に一定の人気があります。


費用対効果、安全性などを考慮すると、今後の肥満治療の主流として期待できるのは、薬物療法です。
肥満外来では、坑肥満薬が処方されています。
坑肥満薬を用途別に分けると5つ。
食欲抑制薬、消化吸収阻害薬、インスリン分泌抑制薬、脂肪合成阻害薬、エネルギー消費促進薬です。
サノレックスやゼニカル、などは有名ですから知っている人も多いでしょう。


ヒト遺伝子の研究は現在、病気の原因解明や新薬開発に結びつく遺伝子の解析が行われています。
ヒト遺伝子の情報に基づいて新薬を開発する事ができる用になれば、近い将来、もっと坑肥満薬の選択肢が広がる事が考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Search

Entry

Archives

Category