スポンサードリンク
Home >> ダイエット関連記事 >> 目差すべきはベスト体重

目差すべきはベスト体重

肥満の判定基準ではBMI22が標準体重とされています。

これはBMIが22の時が一番平均寿命が長く、有病率が低いため、定められました。

そのため、適度な運動と正しい食習慣によってこの標準体重を維持するのが目安とされています。

 

ですが実際には体質によって、標準体重におさまらないけれど肥満ではない人が存在します。

スポーツをやっている食欲旺盛な男性や、ボディビルダー、アスリートなどは、筋肉量が多くBMIが大きくなるのです。

このような人はBMIは標準値に収まっていなくても体脂肪率が低く、無理にBMI22を目差す必要はありません。

健康上問題がなく体脂肪率も適正範囲内で、スポーツや日常生活で活発に動ける人は、標準体重を上回っていたとしても『適正体重』と言えるからです。

逆にBMIが低くても実際には体脂肪量が多い隠れ肥満の人は、体重よりも体脂肪量に気をつけて、生活を改善すべきです。

 

体重制限がある仕事などを除いて、普通に生活する分にはBMIや体脂肪率に一喜一憂する必要はありません。

気にしすぎて無理なダイエットをしてリバウンドを繰り返すことが、一番体に負担がかかります。

自分の体調や活動性から判断して、自分だけの『ベスト体重』を維持できれば、それでいいのです。

『ベスト体重』とは、自分が一番元気に活動でき健康にも問題がない時の体重です。

ダイエットするなら標準体重を目差すのではなく、ベスト体重を目差しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事