スポンサードリンク
Home >> ダイエット関連記事 >> ある程度の脂肪が体に必要な理由

ある程度の脂肪が体に必要な理由

肥満しすぎると、高血圧や高脂血症などの肥満が原因の合併症が出て、健康上問題です。
でもわたしたちの体の脂肪は健康に生きて子孫を残すために必要なものでもあります。
ある程度の量の脂肪は、身体にとって必要なものなのです。

 

脂肪は生きていくために必要なエネルギーの元です。
脂肪細胞の最も重要な役割は、飢餓状態などに陥ったときのエネルギー源となることなのです。
脂肪細胞は免疫系などのからだの状態を正常に保つために必要なホルモンを作り出している内分泌器官の一種でもあります。
以前は単なるエネルギーの貯蔵庫だと思われていましたが、実はさまざまな生理活性物質を分泌しています。

 

さらに、女性にとっての脂肪は、月経の維持や妊娠出産時に必要不可欠なものでもあります。
女性の周期的な月経の維持には、一定量の脂肪が必要です。
研究によると、初潮発来には17%以上、正常な月経周期を保つ為には22%以上の体脂肪が必要なことがわかっています。
また、女性は妊娠出産時におおきなエネルギーを必要とします。
そのため、一定量の脂肪は健康で正常な妊娠出産をするために必要となるものです。

 

肥満が問題視される昨今、脂肪は『悪い物』としてのイメージがあります。
ですが、脂肪は過剰にならなければ、わたしたちの健康の維持に必要不可欠なものなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Search

Entry

Archives

Category