スポンサードリンク
Home >> ダイエット関連記事 >> リンゴ型肥満と洋ナシ型肥満の違い

リンゴ型肥満と洋ナシ型肥満の違い

肥満による合併症は高血圧・高脂血症・糖尿病・痛風などの内分泌代謝異常のほか、胆石やある種のガンなど、多岐に渡っています。

 

肥満に合併症を伴うと『肥満症』と診断されます。
肥満が重度になればなるほど、合併症の羅患率は増加することがわかっています。

しかし、合併症の羅患率は肥満度だけでなく、体脂肪の付き方にも関係していることがわかってきました。
合併症を起こしやすいことで問題になっているのは、腹部の内臓の周りに蓄積した脂肪です。

 

肥満の仕方は大きく2種類にわけられます。
上半身に多く脂肪が付いた『上半身肥満』と下半身に多く脂肪が付いた『下半身肥満』の2つです。
体型の見た目から、上半身肥満は『リンゴ型肥満』下半身肥満は『洋ナシ型肥満』とも呼ばれます。
あなたはどちらのタイプの肥満でしょうか?

 

リンゴ型肥満と洋ナシ型肥満を判別するのに用いられる簡単な方法が、ウエストヒップ比の測定です。
へそ周りの周囲長を臀部の最大周囲長で割った値の事です。(へそ周り÷臀部)
このウエストヒップ比が大きくなると、へそ周りに多く脂肪が付いていることになり、リンゴ型肥満と推測されます。
一般的にウエストヒップ比は、男性で0.9以上、女性で0.8以上になると要注意です。

 

また、上半身肥満には皮下脂肪が多い『皮下脂肪型肥満』と、内臓脂肪が多い『内蔵脂肪型肥満』があります。
そのうち内分泌代謝異常を起こしやすく危険なのは、内蔵脂肪型肥満の方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事