スポンサードリンク
Home >> ダイエット関連記事 >> 食べないで生きられるのは○日

食べないで生きられるのは○日

脂肪は効率的なエネルギー源です。

飢饉や飢餓など摂取エネルギーが不足する万一の事態に備えて、脂肪は体に蓄えられます。

つまり、個人差はあれど何日間かは、脂肪をエネルギーとして使うことで、わたしたちは生きていられることになります。

 

わたしたちの身体は1日に約1800〜2500Kcalほどのエネルギーを消費しています。

身体を動かすことの少ない人ほど消費カロリーは低く、活発に動いたりスポーツをしたりしている人ほど消費カロリーは多いのです。

生きていくために最低限必要なエネルギー(基礎代謝)は、約1200Kcalほどになります。

ただし、この基礎代謝は性別や年齢によって多少の差があります。

 

例として、体重60kg、体脂肪率20%の人がいるとします。

体脂肪量は60×0.2=12kgです。

脂肪組織は15%ほど水分で、その他の細胞も5%ほど含まれるので、脂肪組織1kgに含まれる脂肪は約0.8kgになります。

脂肪1gのエネルギーは9Kcalなので、脂肪1kgは9000Kcalとなります。

よって例に挙げた人の蓄積カロリーは、12×0.8×9000=86400Kcalです。

これを基礎代謝の1200Kcalで割ると86400÷1200=72となり、何もしないで生きていくだけならば、計算上は72日生きられる事がわかります。

つまり、72日分のエネルギーのたくわえを、脂肪という形で持っているということです。

 

新約聖書にこんな話があります。

「イエスキリストは40日間の断食の末に空腹を覚えられた」というものです。

空腹は感じるでしょうが、計算してみると、40日間の断食は出来ない事ではありませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事