スポンサードリンク
Home >> ダイエット関連記事 >> 食べないと痩せるのか?

食べないと痩せるのか?

体重のセットポイント説を照明する研究が、アメリカのロックフェラー大学により発表されました。
はじめに、肥満の人と標準体重の人にカロリーを過剰に摂取させて、その被験者の通常時の体重から10%だけ太るようにしました。
つぎに、摂取カロリーを減らして、10→20→30%と体重を減少させました。


この研究によると、被験者にカロリーを過剰に摂取させ体重をその個人の通常体重より10%増加させた時、その増加した体重を維持するには、肥満者でも非肥満者でも通常より多くカロリーが必要なことがわかりました。
つまりは、太っていても痩せていても、その人のセットポイントを越えた体重を維持するには、その人の通常の摂取カロリーでは足りず、体重を故意に増やした後で通常の食事に戻ると、体重も元の値に下がってしまうという事です。
それでは、逆に肥満者と非肥満者の被験者をダイエットで減量させた場合には、消費エネルギーは変化したのでしょうか?
体重を10%減少させると、どちらの被験者でも消費エネルギーは15%減少しました。
さらに体重を20%、30%と減少させた場合、どちらの被験者でも消費エネルギーの減少分は15%のままだったのです。
消費カロリーを減少させることによってセットポイントの体重を維持しようとするからだの調節機構は15%の節約が限界なのです。


この実験により、セットポイントによって決められているその人固有の体重は、摂食量を増減した場合にも変化しない事がわかりました。
よってダイエットで一時的に減量に成功したとしても、元の体重に戻ってしまうことになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Search

Entry

Archives

Category