スポンサードリンク
Home >> ダイエット関連記事 >> リバウンドとレプチンの関係

リバウンドとレプチンの関係

ダイエットで体重が減少しても、再び体重が増加し元の体重に戻ってしまう『リバウンド』が起こるケースが多くあります。
リバウンドはセットポイントから体重が大きく外れた場合に起こります。
このリバウンドは、実は血液中のレプチン濃度の変化からも説明ができるのです。


肥満者がダイエットをした時のレプチン値の変化を考えてみましょう。
肥満者はダイエット前の体脂肪量は標準より多く、血中のレプチン値は高値を示します。
この時、摂取エネルギーと消費エネルギーは等しいため、エネルギーバランスに過不足は生じていません。


次に、肥満者がダイエットをした時の事を考えてみましょう。
ダイエット中のエネルギーバランスは、マイナスとなります。
消費エネルギーより摂取エネルギーが少ない状態です。
標準体重になりダイエットを止めると、食事制限の必要がないので、この時のエネルギーバランスに過不足はなく、レプチンの値は正常範囲内となります。


リバウンドをレプチンの値から説明できるのは、各個人に体脂肪の下限がレプチン値に基づいてあらかじめ決定しているという考え方からです。
肥満の人がダイエットをして標準体重になったとします。
その後標準体重を維持しようとしても、その時点では標準範囲内にあるレプチンが、実は元々個人の遺伝情報に設定されたレプチン値よりも低すぎることがあります。
すると、脳が減量後のレプチン値が低すぎると判断し、視床下部から指令を出し、摂食が促進され元の体重に戻ってしまうという現象が起こるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事