スポンサードリンク
Home >> ダイエット関連記事 >> ヒトの肥満とレプチンの関係
Page: 2/6  << >>

ヒトの肥満とレプチンの関係

1995年にレプチンの体重減少効果が発表されましたが、世界中の人々が注目しました。
太っている人もそうでない人も、痩せたい人は「レプチンがあればいくら食べても大丈夫」と考えた人はたくさんいました。


ヒトの肥満はレプチンで説明がつくのでしょうか?


ヒトのレプチンの血中濃度は体脂肪の量に比例しています。
つまり、太っている人(体脂肪が多い人)ほど脂肪細胞が多く、脂肪細胞から分泌されるレプチンの血中濃度も多いという事です。
実は肥満者の90〜95%は高レプチン血症なのです。


レプチンはダイエットに効果があるはずでした。
にも関わらず、なぜレプチンの血中濃度が高いのに太っているのでしょうか。
その理由は、レプチンが多いにもかかわらず、レプチンのシグナルを伝達するメカニズムに異常があり、レプチンの体重減少効果が正常に発揮できないからです。
そのため、ヒトは肥満になるのです。


肥満は、レプチンが効きにくいことが原因で起こります。
ヒトの肥満の場合、以前の記事で紹介したobマウスのようにレプチンが不足しているため肥満になった、という例は稀です。
ヒトに多いのは、レプチンに対する抵抗性が原因で肥満になるケースです。


では、レプチンに対する抵抗性を引き起こす原因はなんなのでしょうか?
それはまだはっきりわかってはいないのですが、中枢神経系・末梢神経系でのレプチン伝達遺伝子の変異が関係すると推測されています。


現在では、レプチンのシグナルを受けて中枢や末梢で働くさまざまな体重調節因子が発見されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事
Home >> ダイエット関連記事 >> 肥満とレプチンの発見

肥満とレプチンの発見

ヒトのからだは体重がセットポイントからはずれたことをどのように感知するのでしょうか?
体重のセットポイント説によれば、視床下部を中心とする中枢(脳)が、自分のからだの脂肪量をモニターしています。
そして、体脂肪が増減したことを脳に知らせる働きをもつのは、レプチンというホルモンです。


レプチンは遺伝性肥満マウスであるob/obマウスで見つかりました。
obとは英語の『obesity(肥満)』を意味します。
ob/obマウスは正常マウスに比べて体重が3倍以上、体脂肪が5倍以上にもなる肥満を示します。
ob/obマウスはob遺伝子に異常を持ち、ob遺伝子によって作成されるはずのホルモンがつくれないため肥満になるのです。
では、人工的に作成したホルモンをobマウスに投与するとどうなるのでしょう?
ob遺伝子に由来するホルモン爛譽廛船”をobマウスに腹腔内投与する実験が行なわれました。
結果、レプチンを投与したマウスは体重が半分ほどに減少し体脂肪率も下がり、肥満が解消したのです。
レプチンを投与すると食欲が抑制され消費エネルギーが増大、その結果体重が減少しました。
さらに臓器別に調べたところ、この体重減少は脂肪組織のみの減少であるとわかりました。


肥満は消費エネルギーより摂食エネルギーが多くなるで生じます。
レプチンは食欲を抑制し摂食エネルギーを少なくするのみならず、エネルギー消費を増大することによってダイエット効果をもたらすことが判明しました。
ではヒトの肥満はレプチンで説明できるのでしょうか?
ob/obマウスのようにレプチン遺伝子に変異があったり、レプチンの量が少なすぎたりが理由で、肥満になるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事
Home >> ダイエット関連記事 >> 食べないと痩せるのか?

食べないと痩せるのか?

体重のセットポイント説を照明する研究が、アメリカのロックフェラー大学により発表されました。
はじめに、肥満の人と標準体重の人にカロリーを過剰に摂取させて、その被験者の通常時の体重から10%だけ太るようにしました。
つぎに、摂取カロリーを減らして、10→20→30%と体重を減少させました。


この研究によると、被験者にカロリーを過剰に摂取させ体重をその個人の通常体重より10%増加させた時、その増加した体重を維持するには、肥満者でも非肥満者でも通常より多くカロリーが必要なことがわかりました。
つまりは、太っていても痩せていても、その人のセットポイントを越えた体重を維持するには、その人の通常の摂取カロリーでは足りず、体重を故意に増やした後で通常の食事に戻ると、体重も元の値に下がってしまうという事です。
それでは、逆に肥満者と非肥満者の被験者をダイエットで減量させた場合には、消費エネルギーは変化したのでしょうか?
体重を10%減少させると、どちらの被験者でも消費エネルギーは15%減少しました。
さらに体重を20%、30%と減少させた場合、どちらの被験者でも消費エネルギーの減少分は15%のままだったのです。
消費カロリーを減少させることによってセットポイントの体重を維持しようとするからだの調節機構は15%の節約が限界なのです。


この実験により、セットポイントによって決められているその人固有の体重は、摂食量を増減した場合にも変化しない事がわかりました。
よってダイエットで一時的に減量に成功したとしても、元の体重に戻ってしまうことになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事
Home >> ダイエット関連記事 >> 脳が体重を一定に調節する

脳が体重を一定に調節する

脳からの指令により体脂肪量は調節され、体重は常に一定値(セットポイント)になるようコントロールされています。
これを「体重のセットポイント説」と言い、セットポイント説ではエネルギーの貯蔵は脳の中枢神経系によって感知されているとされています。
貯蔵エネルギーの増減にともなって、脳の中枢神経系が摂取カロリー・消費エネルギーのバランスをコントロールするという考え方です。


つまり、体脂肪量は脳の中枢によって感知され、過不足ないように増減されているのです。
わかりやすい例をあげると、熱帯魚の水槽に備えられたサーモスタット。
設定した温度より水温が下がったときには、ヒーターが水を温め温度を一定に保ちます。
同じように、ヒトを含む動物の体重も設定された体重以下に減少したときには、摂食行動やエネルギー代謝が調節され、決められた体重に戻るのです。
設定された体重以上になった場合にも、同様のメカニズムで決められた体重に戻ります。
これが体重のセットポイント説です。

 

では、私達の身体は、どのように体重をセットポイントにあわせているのでしょうか?
これまでは、食欲や体重をコントロールするメカニズムとして体温や血糖によるという考え方が唱えられてきました。
現在、医学の分野で広く提唱されている理論は、リポスターシス(脂肪定常説)です。
つまりこれは、私たちの身体は体脂肪量を増減させることによって、セットポイントの体重になるように調整しているという考え方です。


事実、ほ乳類の多くでは身体の大きさと脂肪の量がほぼ一定に保たれていて、体脂肪量は摂取カロリーと消費エネルギーの差を反映していることがわかっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事
Home >> ダイエット関連記事 >> 肥満に対する人体のしくみ

肥満に対する人体のしくみ

現在は、さまざまなダイエット方法が生まれ、実践されています。
ですが、肥満の人はその逆に増加ているという矛盾が生じているのです。
「ダイエットすれば体重を減らすことができる」という考えは、次の3つの前提があります。

 

(1)どの程度の量の脂肪があるかについて、身体はモニターしておらず、単に過剰となった摂取カロリーが脂肪として蓄積される。
(2)体重の増減には、食物を摂取するという行為が決定的な役割をしている。
よって、太った人は標準体重の人より明らかにたくさん食べている。
(3)食べるという行為やエネルギーを消費する行動は、自分の意志でコントロールできる。

実は(1)〜(3)の3つとも誤りなのです。

 

私たち人間の身体、正確に言えば脳は、脂肪がどの程度体に蓄積されているかを常に感知しています。
脳は常に体重を気にしています。
ですが、脳が気にしているのはエネルギー源としての体脂肪量であって、体型ではありません。
人間を含む動物の体重は、長期的に見ると一定になるよう調節されています。
人間や動物では、体重に個体差がある一方、長期的にみた場合、その個体の体重はほぼ一定に保たれていることは、広く知られています。


つまり、食べすぎやダイエットで短期的に体重が変動することはあっても、体重を決定するような長期間にわたるエネルギー収支は脳によって厳密に制御されているのです。
そして、そのメカニズムを説明する仮説として「体重のセットポイント説」があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事
Home >> ダイエット関連記事 >> 食べないで生きられるのは○日

食べないで生きられるのは○日

脂肪は効率的なエネルギー源です。

飢饉や飢餓など摂取エネルギーが不足する万一の事態に備えて、脂肪は体に蓄えられます。

つまり、個人差はあれど何日間かは、脂肪をエネルギーとして使うことで、わたしたちは生きていられることになります。

 

わたしたちの身体は1日に約1800〜2500Kcalほどのエネルギーを消費しています。

身体を動かすことの少ない人ほど消費カロリーは低く、活発に動いたりスポーツをしたりしている人ほど消費カロリーは多いのです。

生きていくために最低限必要なエネルギー(基礎代謝)は、約1200Kcalほどになります。

ただし、この基礎代謝は性別や年齢によって多少の差があります。

 

例として、体重60kg、体脂肪率20%の人がいるとします。

体脂肪量は60×0.2=12kgです。

脂肪組織は15%ほど水分で、その他の細胞も5%ほど含まれるので、脂肪組織1kgに含まれる脂肪は約0.8kgになります。

脂肪1gのエネルギーは9Kcalなので、脂肪1kgは9000Kcalとなります。

よって例に挙げた人の蓄積カロリーは、12×0.8×9000=86400Kcalです。

これを基礎代謝の1200Kcalで割ると86400÷1200=72となり、何もしないで生きていくだけならば、計算上は72日生きられる事がわかります。

つまり、72日分のエネルギーのたくわえを、脂肪という形で持っているということです。

 

新約聖書にこんな話があります。

「イエスキリストは40日間の断食の末に空腹を覚えられた」というものです。

空腹は感じるでしょうが、計算してみると、40日間の断食は出来ない事ではありませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事
Home >> ダイエット関連記事 >> 脂肪細胞のしくみ

脂肪細胞のしくみ

脂肪組織は脂肪細胞が集まって出来ており、それぞれの脂肪細胞の中には脂肪が水滴のようにして存在しています。
この脂肪組織は、食事から摂取したエネルギーの余剰分を中性脂肪として体内に蓄積する働きを持ちます。
脂肪組織は主に白色脂肪細胞で出来ていますが、繊維芽細胞や血液細胞・血管周囲細胞なども微量に含まれます。

 

わたしたちの身体は約6兆個もの細胞で出来ています。
そのうち脂肪細胞は普通の成人で約300億個、肥満者では約400〜600億個です。
脂肪細胞の大きさは約10〜200μm(マイクロメートル)で、その中には0.5〜2μg(マイクログラム)の脂肪が含まれています。

摂取エネルギーが余ると、それぞれの脂肪細胞の中の脂肪含有量が増加し、脂肪細胞が大きくなります。
その後さらにエネルギーの過剰状態が続くと脂肪細胞自体の数が増加し、むだなく脂肪を蓄積されます。
このようにして蓄えられた脂肪は、飢餓や飢饉、またはダイエットなどで摂取エネルギーが不足した時に身体を動かすエネルギーとして使われるのです。


摂取エネルギーが不足した時には、肝臓や筋肉などに含まれるタンパク質やグリコーゲンもエネルギーとして使われますが、もっとも効率の良いエネルギーは脂肪です。

脂肪が過剰に蓄積されると生活習慣病の原因になります。


これはなぜかというと、脂肪細胞から分泌されるホルモンの影響です。
脂肪細胞はただ脂肪を溜め込むだけの組織ではなく、さまざまな生理活性物質を分泌している巨大な内分泌機関でもあるのです。

 

脂肪細胞に脂肪を溜めきれなくなり、その数が増えると、痩せにくくなります。
脂肪細胞の数が増える前に、適度な運動と適切な食事で肥満をコントロールする事が大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘル

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事
Home >> ダイエット関連記事 >> 女性が太る理由は?

女性が太る理由は?

女性には太り安い時期があります。

思春期・妊娠出産期・更年期の3つです。

これら3つには共通項があって、どれも女性ホルモンを分泌する卵巣機能が大きく変化する時期だということです。

正常な性機能の発言には、脂肪細胞が重要な役割を果たしているため、性機能が大きく変化するこの3つの時期に、女性は太りやすくなります。

 

女性は7~8歳くらいになると、卵巣が少しづつ女性ホルモンを分泌するようになり、思春期を迎えるとその量が増加します。

丸みを帯びた女性らしい体型は、女性ホルモンの働きによって皮下脂肪が増えることにより、つくられるのです。

一般的に思春期後半になると、体脂肪の増加は止まります。

 

同じ理由で妊娠出産期をむかえることで、太る人もいます。

妊娠中は普通10kg程度体重が増えますが、それ以上の体重増加は妊娠中毒症や難産の原因となります。

そのため、妊娠中も適度な運動と適切な食事コントロールにより、太りすぎに気をつける必要があります。

必要以上に体重を増やさないようにコントロールしていれば、妊娠中に蓄えた体脂肪を出産後に落とす事が出来、妊娠出産をきっかけに太るということはありません。

 

中高年の女性は、更年期を迎え閉経すると太りやすくなります。

主な原因として閉経が基礎代謝に与える影響が挙げられます。

わたしたちの身体は呼吸や体温の維持、心臓を動かすためにエネルギーが必要であり、生きているだけで消費するエネルギーを基礎代謝と言います。

参照⇒消費エネルギー

基礎代謝が低くなると、今までと同じカロリーを摂取し、今までと同じ運動をしていてもエネルギーが過剰になり、太りやすくなります。

閉経後は女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が減少するため、今まで筋肉などに配給されていたエネルギーの一部が脂肪として蓄えられるようになるのです。

そうして筋肉が減り脂肪が増えることで、太りやすくなるというメカニズムです。

 

女性が太るのは、性機能(女性ホルモン)の変化によって体質が変化することが原因です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事
Home >> ダイエット関連記事 >> 男性が太る理由は?

男性が太る理由は?

基礎代謝とは、体を動かさなくても消費するエネルギーのことです。
一般的に男性は女性よりも基礎代謝が高くなっています。
その理由は、男性は女性に比べて筋肉量が多く体脂肪が少ないためです。
筋肉細胞は活動が活発でエネルギーを多く消費し、脂肪細胞はあまり活動が活発ではないのでエネルギー消費は多くありません。
そのため、筋肉量の多い男性の方が、女性よりも男性の方が基礎代謝が高いのです。

 

基礎代謝量は年齢と共に増加していき、男性では15〜17歳、女性では12〜14歳でピークを迎えます。
それ以降は少しづつ低下していく傾向にあり、中高年になると男性では基礎代謝の低下が目立つようになります。
食べる量が同じでも、からだの消費エネルギーの60〜70%を占める基礎代謝が低下すれば、カロリーが過剰となり余った分が蓄積されていきます。
これが中年太りの原因となるのです。

 

さらに、中高年の男性は仕事上のつきあいで外食などが続き、カロリー過多になりがちでもあります。
適切な運動習慣をもって定期的に運動している中高年男性は多いとは言えません。


男性が太る原因のナンバーワンは、エネルギーの過剰が続き運動不足になることです。
このような生活が続くと確実に筋肉が減少して脂肪が増え、体重が変わっていなくても体脂肪が増え、太りやすい体質になっていると言えます。

男性は腹部の臓器の周りに脂肪が過剰に蓄積する内蔵脂肪型肥満になりやすく、内分泌代謝異常を起こしやすい傾向があります。
30代以降の男性は、体型とウエストサイズの変化に気をつけたほうが懸命です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事
Home >> ダイエット関連記事 >> 隠れ肥満の危険性

隠れ肥満の危険性

肥満の判定にはBMIが用いられます。

BMIの算出は次の式で出来ます。

BMI=体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}

BMIが25以上の人は、肥満と判定されます。

 

ですが、BMIでの算出は体脂肪率を正確に反映しているわけではないので、BMI25以上でも肥満とは言えない人、反対にBMIは標準値内なのに実は肥満に該当する人が存在します。

 

BMIが25以上でも体脂肪量がすくなく筋肉質で引き締まっている人は「肥満」とは言えません。

筋肉は脂肪より重いため、見た目がまったく同じ体型でも筋肉が多い人の方が体重が重くなってしまうのです。

このケースは、ボディビルダーやスポーツ選手、スポーツをやっている男性などに多く見られます。

たとえばラグビー選手などは体が大きく筋骨隆々でBMI25以上であることがめずらしくありません。

ですが、体脂肪の過剰で体重が重くなっているわけではないため、肥満ではないのです。

 

BMIが標準値内でも体脂肪量が多いケースは「隠れ肥満」と呼ばれます。

お腹の出てきた中年男性や、運動不足の女性にも多くみられるケースで、体重は普通のため自分が肥満だという危機感を持ちにくいのが難点です。

そしてこの隠れ肥満、生活習慣病のリスクが高いので、注意しなければいけません。

 

体重が重くないからといって肥満でないとは限らないので、体脂肪率や血液検査の数値と合わせてしっかり自分の体を管理していく事が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

dietman-k | - | - | pookmark | category:ダイエット関連記事