体脂肪の測定法

肥満とは脂肪が必要以上に体に蓄えられている状態の事をいいます。
つまり、肥満を判定するには体脂肪の量を測定することが必要です。
ですが実は、現時点で一般人が簡単に正確な体脂肪量を測る方法はありません。
体脂肪率を正確に測定するのは、とても難しいことなのです。
 
肥満の程度を測る機器のことを『肥満度計』と呼びます。
肥満度計というと、複雑な機械を想像すると思いますが、もっとも基本的なものは身長計と体重計です。
そして、体重と身長がわかれば簡単に算出できるBMIが世界中で最も広く肥満の判定法として用いられているのです。
また?キャリパー法”という測定方法もよく用いられます。
こちらは皮脂厚計といって、とても簡単なつくりのノギスのような機器で、上腕部や肩甲骨の下の脂肪を掴んでその厚みで肥満度を算出します。
日本でも古くから学校保健の現場で用いられてきました。
 
大学病院や研究期間ではもっと大掛かりな機器が使われます。
例を上げると?水中体重秤量法”?ガス置換法”?二重X線法”などがあり、その中でも水中体重秤量法が精度が高いとされてきました。
また、医療現場でなじみのあるCTやMRIも肥満の判定方法として用いられています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

タイトルとURLをコピーしました