家庭用体脂肪計のよる体脂肪率の算出方法

家庭用の体脂肪計や体組成計は、電気抵抗によって脂肪の量を算出しています。
 
最近は家庭に体脂肪計や体組成計があるのが当たり前になってきました。
家庭用の体脂肪計はインピーダンス法と言う方法を使って体脂肪を算出しています。
体に微弱な電流を流し、その電気抵抗の値(インピーダンス)で体内の水分量を測るしくみです。
インピーダンス法は数秒という短い時間で測定でき、測定機器自体も安価に作れるため、家庭用の体脂肪計に用いられています。
 
インピーダンス法では、体内に微弱な電流を流しますが、この原理では体内の水分が伝導体となります。
つまりは、筋肉などの水分が多い機関が多ければ多いほどインピーダンス(電気抵抗)は低くなります。
逆に脂肪は水分をほとんど含まないため、体に体脂肪が多く付いている人は、インピーダンス(電気抵抗)が高くなります。
家庭用の体脂肪計では、このインピーダンスの値から計算して、体脂肪率が測定できるのです。
 
インピーダンス法を使った家庭用体脂肪計では、普通朝から夕方にかけて体脂肪率は低下します。
これは食事や水分の摂取や、重力による水分の移動などによるものです。
そして、違うメーカーの体脂肪計では、体脂肪率が多少違って出ることがあります。
それはインピーダンスによって体脂肪率を算出するためのソフトウェアがメーカーによって違うことがあるからです。
 
つまり、家庭用体脂肪計によって導き出された体脂肪率は、絶対ではありません。
技術の進歩により、精度は上がってきていますが、完璧ではないのです。
「食べ過ぎて1日で体重が増えた、でも体脂肪率は減った」という経験がある人も多いでしょうが、それは摂取した食物や水分によってインピーダンスが低下したためであり、一喜一憂する類のものではありません。
家庭で測定した体脂肪率はあくまで目安であり、定期的に測定して増減を見るために使うのが賢い使い方です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

タイトルとURLをコピーしました