摂食障害の原因とは?

拒食症と過食症は医学的にはづいつの病気とされ、この2つの病気を合わせて『摂食障害』とよびます。
摂食障害はダイエットがきっかけとなることが多く、若い女性に多くみられます。
 
思春期の女性に多い拒食症は、重い神経症の一つです。
本人には病気という意識はないのですが、極端に痩せています。
拒食症が重症になると、栄養障害で死に至ることさえある危険な病気です。
 
拒食症は正式には『神経性無食欲症』過食症は『神経性大食症』といいます。
拒食症の診断項目には体重の項目がありますが、過食症では体重は診断基準になりません。
過食しているからといって太っているとは限らず、大部分の人が標準体重内にあり、変動の幅も大きくありません。
過食症も胃腸に負担がかかったり、嘔吐している場合は血液中の電解質バランスが崩れるなど、体に負担がかかる病気です。
 
摂食障害は思春期での心身発達の過程で生じるとされています。
ストレスや成熟拒否などが原因とされ、治療には専門的な精神治療が必要となります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス
 
 
 

タイトルとURLをコピーしました