男性の太る原因、女性が太る原因

男性が太る原因は、年齢によって筋肉が減り基礎代謝が減ることによる中年太りがほとんどだと言われています。
対して女性が太る原因は、女性ホルモンの量の変化が大きく影響しています。
まず男性が太る原因ですがその理由は中年太りがほとんどです。
男性は女性より筋肉の量が多いため、若い頃はたくさん食べていても太りにくい傾向にあります。
ところが10代後半から筋肉量は徐々に減っていき、中高年になると筋肉は更に減りやすくなり急激に基礎代謝が減っていってしまうのです。
基礎代謝が減ってしまうと若い頃と同じ量の食事を取っていても太ります。
加えて中高年の男性は仕事の付き合いなどで外食やお酒の席が多く、基礎代謝は減ってしまうのに
カロリーは過剰になる傾向に・・・
そのため中年太りが起こるのです。
男性は危険な内臓脂肪型肥満になりやすいので、30代を迎えたら運動習慣をもち食事も食べ過ぎないように気をつけなければいけません。
女性が太る原因は女性特有の妊娠・出産の機能にあります。
思春期を向かえ生理が始まると体は少女のか細い体型から女性らしい体に変わっていきます。
これは妊娠に最適な体になるように女性ホルモンが分泌され脂肪をつけるからです。
そして、妊娠・出産も太る原因となります。
妊娠中は体重が10kg程度増加しますが、増加した体重を出産後に落とす事が出来るかが勝負の分かれ目です。
「あかちゃんのため」と言って妊娠中に食べ過ぎの習慣が付くと、出産後も食事を減らせず太ってしまうことがあります。
過度のカロリー摂取は赤ちゃんにとってもマイナスです。
妊娠中も食べ過ぎには気をつけ
出産後に元の体重に戻す努力をする事が大切です。
一番深刻なのが、更年期以降の閉経女性の肥満です。
閉経すると女性ホルモンのエストロゲンが減少しそれによって基礎代謝も減少します。
ただでさえ基礎代謝が減ってきた中高年女性に追い討ちをかけるように基礎代謝が減るのです。
このように、女性の肥満は女性ホルモンの働きに左右されています。
そのことを頭に置いて生活すればそれほど恐れる物でもありませんが、知らないと確実に太りあわてることになります。
太りやすい時期には、肥満しないように食事や運動でコントロールする事が大事です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

タイトルとURLをコピーしました