隠れ肥満の危険性

肥満の判定にはBMIが用いられます。
BMIの算出は次の式で出来ます。
BMI=体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}
BMIが25以上の人は、肥満と判定されます。
 
ですが、BMIでの算出は体脂肪率を正確に反映しているわけではないので、BMI25以上でも肥満とは言えない人、反対にBMIは標準値内なのに実は肥満に該当する人が存在します。
 
BMIが25以上でも体脂肪量がすくなく筋肉質で引き締まっている人は「肥満」とは言えません。
筋肉は脂肪より重いため、見た目がまったく同じ体型でも筋肉が多い人の方が体重が重くなってしまうのです。
このケースは、ボディビルダーやスポーツ選手、スポーツをやっている男性などに多く見られます。
たとえばラグビー選手などは体が大きく筋骨隆々でBMI25以上であることがめずらしくありません。
ですが、体脂肪の過剰で体重が重くなっているわけではないため、肥満ではないのです。
 
BMIが標準値内でも体脂肪量が多いケースは「隠れ肥満」と呼ばれます。
お腹の出てきた中年男性や、運動不足の女性にも多くみられるケースで、体重は普通のため自分が肥満だという危機感を持ちにくいのが難点です。
そしてこの隠れ肥満、生活習慣病のリスクが高いので、注意しなければいけません。
 
体重が重くないからといって肥満でないとは限らないので、体脂肪率や血液検査の数値と合わせてしっかり自分の体を管理していく事が大切です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
JUGEMテーマ:ダイエット・ヘルス

タイトルとURLをコピーしました