胃と肝臓の食欲調整のしくみ

食欲は胃や肝臓から脳にシグナルが届くことで調整されます。
満腹感を感じるのも、空腹感を感じて食欲を刺激されるのも、胃や肝臓しだいなのです。

胃や肝臓からの満腹空腹シグナル『神経性食欲伝達機構』

胃や肝臓などの消化器官から食欲中枢のある脳にシグナルが送られ、それによって空腹・満腹を人間は感じます。
この食欲調整は神経系を通じて行われるので『神経性食欲伝達機構』と呼ばれています。

例を上げると、食べ物を食べて胃壁が拡張されると、満腹感が促されます。
逆に、空腹の時には胃壁が収縮することで、空腹感を感じて食欲が刺激されます。
そしてこの反応は、胃に分布する迷走神経が脳の中枢にシグナルを送ることで起こる現象です。

肝臓では、小腸から吸収された栄養素を肝臓に送る門脈の中にブドウ糖があると、視床下部にある食欲中枢に肝臓の迷走神経を通じて満腹シグナルが送られます。
これによって満腹を感じ、人は食べるのをやめます。

ここまでは、食べる・食べない(カロリーを摂取する)という行為に準じて起こる神経の反応ですが“よく噛む”という刺激によっても『神経性食欲伝達機構』は働きます。
咀嚼するという行為が迷走神経を刺激して食欲中枢にシグナルを送るからです。

これを証明した有名な実験があります。
食事前にノンカロリーのガムを噛んだグループと噛まないグループでは、ガムを噛んだグループの方が少ない食事量で満腹になったという実験です。
このように『神経性食欲伝達機構』は、カロリーを摂取するという行為以外でも、さまざまな行為とかかわりがあります。

食欲は内臓や咀嚼行為がにぎっている!
タイトルとURLをコピーしました