太っている?痩せている?肥満の判定方法

太っている・痩せているの判定は今のところBMIが採用されています。
BMI25以上が肥満の判定です。

肥満とは体に脂肪が過剰についている状態のことです。
体脂肪の割合は普通15〜25%くらいで、女性の方が男性より体脂肪率が高くなっています。
女性の方が脂肪が多い理由は妊娠・出産で多くのエネルギーを使わなければいけないから。
脂肪はエネルギーの貯蔵庫なので、妊娠・出産のエネルギーを蓄えるために女性の体は体脂肪が多くなるように出来ているというわけです

肥満の判定は本当は体脂肪の割合を量るのがいいのですが、今は体脂肪計の技術が進んでいるもののなかなか正確な体脂肪率は出ません。
なので医療の現場では『BMI』が肥満の判定基準として使われます。

さてこのBMIの出し方ですが、
体重÷(身長(m)×身長(m))で割り出せます。
たとえば身長160cm体重50kgなら
50÷(1.6×1.6)=約19.5
BMIは19.5ということになります。

普通体重はBMI18.5〜25
18.5以下だと低体重、25以上だと肥満と判定されます。
ダイエットする前に自分のBMIを計算しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました