隠れ肥満に要注意!実はあなたも肥満かも?

見た目には痩せていて体重も少なくても、実は肥満という人がいます。
これを隠れ肥満と言います。

隠れ肥満には気をつけなければいけません。
成人病のリスクが高いからです。

医療現場では肥満の判定にBMIが使われます。
BMI=25以上の時は『肥満』と判定されますが、実はBMIだけではわからない“隠れ肥満”の人が年々増えています。
>>BMIについてはこちら

BMIが標準以下でも体脂肪率が高いことを、隠れ肥満と言います。
見た目は痩せていてBMIも低くても、女性で体脂肪率30%・男性で体脂肪率25%を越える人は隠れ肥満なんです。
隠れ肥満のケースは手や足は細いのに実はお腹が出てきた中年男性や、運動不足の女性に多く見られます。

隠れ肥満の何が恐ろしいかというと見た目がそれほど太っていなくてBMIも標準のため、危機感を持ちにくくダイエットの必要性を感じないところです。
体脂肪が多い隠れ肥満は成人病のリスクが高いのに、食事や運動などの生活改善に必要性を感じません。
そのため成人病を発祥しやすく「気が付いたら成人病」こうなる人が多いのです。

隠れ肥満を解消するには、脂肪分の多い食事を控えてバランスのよい食事をとること。
そして運動で筋肉をつけて体脂肪率を落とすことです。

BMIが低く見た目が太っていないからといって安心してはいけません。
実はあなたも隠れ肥満かも?
もし体脂肪率が高かったら、隠れ肥満解消のためダイエットを行なってください。

タイトルとURLをコピーしました