標準体重の計算方法

標準体重とは、BMI22のときの体重のことです。
なぜBMI22が標準体重に設定されているかというと、調査によると人間はBMI22の時が一番健康体というデータが出ているからです。

ですが、標準体重が絶対に良いとは限りません。

BMI22の時のあなたの体重は?計算方法を紹介

では、実際にBMI22の時自分は何Kgなのか算出できる計算方法を紹介します。

BMIは、身長と体重から求めます。
最近はBMIの表示をしてくれる体重計も増えていますが、体重計で表示されるBMIも同じ計算式で算出しています。

【BMI=体重(Kg)÷{身長(m)x2}】
なので、標準体重(BMI22)を算出するには、
【標準体重={身長(m)x2}×22】
となります。

この計算方法で計算すると、
身長140cm→43.1kg
〃150cm→49.5kg
〃160cm→56.3kg
〃170cm→63.6kg
〃180cm→71.3kg
と、なります。

あなたが女性だとしたら、
「案外重いな」と思っているかもしれませんね。
BMI22が標準体重というのは男性もひっくるめていますし、標準体重は健康体重のことですのでそう感じるんです。

BMI18.5~BMI25の間が普通体重の範囲となります。
BMI18.5以下は『痩せすぎ』
BMI22が『標準(健康)体重』
BMI25以上は『太りすぎ』とされています。
何が何でも標準体重が良いという事ではなく、性別や筋肉の多い少ないによって“適正体重”は変わってきます。
適正体重とは、体脂肪量が多すぎずその人が健康で活動的に生活出来る体重の事です。

たとえば・・・
小柄で筋肉があまりない女性だったらBMI18.5~22くらいまでが健康で体脂肪量も多すぎず、見た目も痩せすぎにも太っているようにも見えないでしょう。
反対に大柄で筋肉質の男性だったらBMI22~25くらいでも健康で太っているようには見えないでしょうし、むしろそれ以下は痩せすぎに見えてしまうでしょうね。

体重と身長で標準体重は算出できますが、健康体重は人によって違います。
体脂肪率も意識して、ダイエットの目標体重を決めましょう!

タイトルとURLをコピーしました