バナバで血糖をコントロールして痩せる

血糖コントロールの薬用植物『バナバ』


バナバの葉に含まれる「コロソリン酸」は血糖値を下げる働きがあることから、糖尿病に対するサプリメントとして注目されています。
甘いものが好きな人のダイエットの補助になる成分と言えます。

バナバはミソハギ科のオオバナサルスベリという植物です。
バナバは東南アジアや中国南部からオーストラリア北部までという、広範囲に分布しています。
フィリピンの伝統医療では、古くからバナバの葉を煎じたお茶を糖尿病の予防や治療に用いてきました。
バナバの葉には血糖値を下げる効果があることから、糖尿病に対するサプリメントとして注目されています。

バナバにはいくつか有効成分がありますが、もっとも有効とされるのが「コロソリン酸」という成分です。
食事から吸収されたブドウ糖はすい臓から分泌されるインスリンというホルモンの作用で、血液中から細胞に取り込まれます。
糖尿病はインスリンの作用が充分に働かない状態になっているため、ブドウ糖が細胞内に取り込まれず血液中に留まり、血糖が高い状態が続きます。
高血糖が持続することは、糖尿病によるさまざまな合併症を引き起こす原因になります。

バナバの有効成分のコロソリン酸は、細胞内のブドウ糖の取り込みを促進する働きがあるとわかっています。
コロソリン酸によって血糖値の上昇が抑えられたり、糖尿病が改善したという研究データもあります。
日本でも、糖尿病の境界型や軽度の2型糖尿病の人を対象とした臨床試験で、バナバが血糖値を低下させることが示されました。

バナバには血糖のコントロール効果があり、糖尿病の改善や甘いものが好きな人のダイエットに役立ちます。
ですが、糖尿病や肥満を予防するためにはバナバだけではダメで、食事や運動といったアプローチが重要です。
そのうえでバナバのサプリメントを補助的に使うと効果的です。

また、糖尿病で投薬治療を行っている人はバナバの効果で投薬量が変わる場合があるので、まず主治医に相談するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました