腸内フローラの乱れは肥満の元!?

健康や肥満に大きく関わる腸内フローラ

腸内フローラは私たちの体内に生息する菌の構成のことです。
体内環境が悪くなると腸内の菌のバランスが崩れると、健康やスタイルに悪影響とされています。

私たちの体内には無数の菌が存在します。
その菌たちが無数にひしめいている様子が、まるでお花畑のように見えるため「フローラ」と呼ばれるようになったのです。
腸内フローラとは腸内の細菌群のことなのです。

近年、人の健康や肥満に腸内フローラが大きく関わっている事がわかり、研究がすすめられています。
体内環境を考える『腸活』が、美ボディをつくるための欠かせない要素として注目されているのです。

腸内フローラの研究でわかった、体内細菌が作り出す成分の一つが『短鎖脂肪酸』です。
短鎖脂肪酸は細胞が栄養をむやみに溜め込むのをストップし、分解をサポートします。

食生活が不規則な人は、腸内フローラが乱れ悪玉菌が多くなることがわかっています。
短鎖脂肪酸も少なくなり、代謝も低くなり、便通にも乱れが生じる傾向があるとわかっています。
それが、肥満や健康に腸内フローラが大きく関わるといわれている理由です。

腸内フローラを正常に保つには、規則正しく栄養バランスの良い食事を適切な量摂ることが重要です。
また、ビフィズス菌などの「生きて腸に届く乳酸菌」と言われる菌を取り入れたり、善玉菌のエサとなる成分を取り入れることも、腸内環境正常化には有効とされています。

タイトルとURLをコピーしました