若い女性の痩せ願望は不健康

中高年の男性の肥満が問題となる中、逆に痩せすぎが問題なのが若い女性の世代です。
ここ20年で20〜30代の女性は、BMI18.5以下の『痩せ』の割合が急激に増加しています。
特に20〜29歳の女性ではおよそ25%の人が『痩せ』に分類されます。
4人に1人は痩せすぎなのです。

面白いのがこの現象が美容上の価値観からくるものだということ。
中高年の男性にダイエットの理由を聞くと「健康のため」と答える人がほとんどなのに、若い女性のダイエットの理由は「美容のため」「キレイでいたいから」がほとんどだそうです。
若い女性にとって美容は最重要ですから分からなくもありませんが、痩せすぎは生理が止まるなど健康上大きな問題が出やすいのです。
それを無視してでもダイエットにいそしむ女性が多いのは考え物ですね。

20〜30代でダイエットをしている女性は10人中2人はいるそうです。
またダイエットをしていない人に比べて栄養バランスが悪いという調査結果も出ています。

なぜそうまでしてダイエットに励むのかというと、TVや雑誌などの情報メディアの影響。
細いモデルさんや芸能人を見て「ああいう風になりたい」と思うからです。
細い=きれい
この図式は根強く浸透しています。

キレイでいたいと思う女性の向上心は素晴らしいです。
でも健康を損ねてもいいからダイエットしたいという女性はどうでしょう?

たとえ痩せていても健康的じゃない女性は魅力がありません。
向上心を持つのはいいことですがやめ時と加減を調整して栄養バランスに気をつけ、健康を損ねないダイエットをして下さいね。

タイトルとURLをコピーしました