生活活動強度で決まるエネルギー所要量

自分の生活活動強度を知ろう


基礎代謝量に生活活動強度を掛けたものが1日のエネルギー所要量です。
ダイエットしたいなら、自分の生活活動強度を知る事が必要です。

基礎代謝量はダイエットする際の目安になるだけではなく、1日のエネルギー所要量を計算する時の基準となります。
1日の消費エネルギーは、性別や年齢、生活活動強度、さらに個人によって大きく異なります。
ですが通常は、消費エネルギーは次の式から求める事ができます。

●エネルギー所要量=1日の基礎代謝量x生活活動強度指数

 

『生活活動強度指数』とは、日常生活で消費するエネルギーの大きさを示す指数です。
近年の傾向として、エネルギー消費量が全体的に低くなっています。
生活活動強度は、現在日本人の大部分が『やや低い(指数1.5)』に該当すると推定されています。
つまり、運動不足の人が大部分を占めているという事になります。
運動不足解消のためには『適度(指数1.7)』に相当するエネルギー所要量の食事をして、活動強度『適度』の生活をするのが理想的です。
つまり「しっかり食べて、しっかり体を動かす」のが理想という事です。

ただし、エネルギー所要量は体質による個人差が大きいものでもあります。
そのため、この基準値はあくだめ集団の平均値であり、おおよその目安であるということを認識しなければいけません。
実際に肥満治療の現場では、エネルギー所要量を下回る摂取カロリーをとっても原料が上手く進まないケースが多く見られています。

そのため、ダイエットのためにはエネルギー所要量を目安に体重の増減を見ながら摂取カロリーを調整していく事が重要です。

タイトルとURLをコピーしました