脂肪吸収を抑えるキトサンでダイエット

脂肪分の吸収を抑制して肥満を予防

蟹の甲羅やエビの殻などが由来の動物性の食物繊維がキトサンです。
キトサンは消化酵素に作用して食事の脂肪分の吸収を抑制することで肥満を予防します。

キトサンは蟹のコラやエビの殻に存在する多糖類の一種。
ヒトの消化酵素では消化できない、動物性の食物繊維です。
甲殻類の殻からタンパク質やカルシウムなどを除去すると出来るのが『キチン』という物質です。
このキチンをアルカリ溶液で処理したものが『キトサン』となります。

キトサンは、コレステロールを低下させて脂質代謝を改善する働きがあります。
消化酵素に作用して食事中の脂肪分の吸収を抑制することで、カロリーの過剰摂取による肥満を予防します。
そして、消化管から胆汁酸の排泄を促し、過剰なコレステロールの蓄積を防ぐことによって、動脈硬化を抑制する作用があります。

キトサンは動物実験やヒトに対する臨床試験によって、総コレステロールとLDL(悪玉)コレステロールの値を下げ、HDL(善玉)コレステロールの値を上げることがわかっています。
つまり、コレステロール値の改善に役立つ事がわかっているということです。

対して、キトサンで体重を減少させる効果については明らかになっていません。
キトサンは、食欲中枢や体脂肪組織に直接作用して体重を減少させる成分ではありません。
サプリメントとしてのキトサンは、食事中の脂肪分を抑制するなど、間接的な働きをします。

生活習慣病予防改善のために飲むのはともかく、ダイエットサプリとしてキトサンに過度の期待はしないほうがいいでしょう。

ダイエットの基本は食習慣の改善と運動です。
その上で補助的にキトサンを用いるのが、得策です。

タイトルとURLをコピーしました