ギムネマで甘いもの対策

ギムネマは糖質の吸収を遅らせることで食後の過血糖を抑え、肥満と糖尿病の予防に効果があるとされています。
甘いもの好きな人におすすめのサプリメントです。

アーユルヴェーダの肥満と糖尿病の治療薬『ギムネマ』

ギムネマの有効成分のギムネマ酸は、消化管で糖分の吸収を遅らせる働きがあります。
そのため、糖尿病の予防のほか、ダイエットサプリメントの成分としても有名です。

もともとギムネマは、インド原産のガガイモ化のつる性植物で、インドの伝統民間療法『アーユルヴェーダ』で糖尿病や肥満の予防薬として使われてきました。
ギムネマは古来から民間薬として使われてきたのです。

まず、糖質の消化吸収の仕組みを知っておきましょう。
(1)私たちが食事を摂ると、食事中の糖質(炭水化物)が吸収されて血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が上がります。
(2)血糖値の上昇に応じて、すい臓からインスリンが分泌されます。
(3)インスリンの働きによって血液中のブドウ糖は、筋肉細胞や脂肪組織に取り込まれます。
ブドウ糖が過剰だと、中性脂肪として脂肪細胞に蓄えられます。

つまり、食後の過血糖の状態はブドウ糖が過剰という事です。
すると、中性脂肪がどんどん溜まってしまい太ってしまいます。

ギムネマは糖質(炭水化物)の消化吸収を遅らせ、食後の過血糖を防ぐことがわかっています。
ラットを用いた実験でも効果が証明されています。
普通のラットの実験ではギムネマによって血糖値の上昇が抑えられ、インスリンの分泌が緩やかになりました。
糖尿病ラットでも同様に、血糖値の上昇の抑制とインスリン分泌量の低下が見られました。

ただし!
サプリメントはあくまで補助食品です。
サポートなのです。
ギムネマを飲んでいるからといって甘い物を食べ過ぎるのは言語道断・本末転倒ですよ!

ギムネマで血糖値の急上昇を防いで、脂肪を溜めない!
タイトルとURLをコピーしました