食後の糖の吸収を抑制する『桑の葉エキス』

桑の葉に含まれる『DNJ』という成分には、食後の糖の吸収を抑制して過血糖を防ぐ働きがあります。
糖尿病マウスや糖尿病患者で行われた実験でも、血糖のコントロールにDNJが有効だと確認されています。

古来から民間でも利用されてきた桑の葉のパワー

桑の葉は古来から中国や日本の民間療法で、糖尿病に利用されてきました。
現在では研究が進み、きちんと効果が証明されています。
桑の葉に含まれる『DNJ』という成分に、食後の過血糖を抑える働きがある事がわかったのです。

『DNJ』というのは“Ⅰ-デオキシノジリマイシン”の略称で、桑の葉に多く含まれる成分のため、桑の葉エキスがサプリメントとして製品化されています。
桑の葉に含まれるDNJは、糖質(炭水化物)の消化吸収を遅らせて、食後の過血糖を防ぐ働きがあります。
食事に含まれる糖質(炭水化物)は、小腸でブドウ糖に分解されてから吸収されます。
この時、糖質(炭水化物)をブドウ糖に分解する酵素があるのですが、その酵素の働きをDNJが抑制することがわかっているのです。
そのため、小腸から血液中へのブドウ糖の吸収が緩やかになり、過血糖を防ぎます。

糖尿病マウスおよび糖尿病患者で行われた臨床実験でも、DNJの効果は証明されています。
糖尿病の人というのは、血糖の上昇を抑えるインスリンが膵臓から少しづつしか分泌されないため、食後の過血糖が起こります。
DNJを投与することによりブドウ糖の消化吸収が抑制されて血糖の上昇がゆっくりになることで、糖尿病における血糖コントロールの改善に有効であると証明されています。

『ギムネマ』の記事にも書きましたが、血液中のブドウ糖が過剰になると、中性脂肪として脂肪組織に蓄えられます。
⇒参考記事
なので、食後の過血糖はなるべく抑えた方がダイエットにはいいのです。

サプリメントは薬ではないので、サプリメントを飲んでいるからといって暴飲暴食はもってのほかです。
甘い物や炭水化物を食べすぎると、食後に血液中のブドウ糖が過剰になります。
その際に、お守りやレスキュー的な意味でサプリメントを活用するのは、よい方法です。

脂肪を蓄えないために、サプリメントを活用しよう!
タイトルとURLをコピーしました