痩せたいなら基礎代謝を維持しよう!

私たちの1日の消費エネルギーは基礎代謝・活動代謝・食事誘導性熱産生の3つから成っています。

その中でも基礎代謝の占める割合は大きく、消費エネルギーのうち60~70%は基礎代謝です。
なので、痩せたいなら基礎代謝を維持するのが重要です。

筋肉を維持して基礎代謝も維持しよう

私たちの体の消費エネルギーは、
・基礎代謝
・活動代謝
・食事誘導性熱産生
の3つに分けられます。
この3つの中でもっとも消費量が大きいのは基礎代謝です。

1日の消費エネルギーのうち基礎代謝は実に60~70%もの割合を占めます。
残りの30~40%が活動代謝で、その残りが食事誘導性熱産生です。
基礎代謝量は年齢と共に増加しますが、男性では15~17歳、女性では12~14歳がピーク。
その後は基礎代謝は次第に低下していきます。
特に50歳代以降になると基礎代謝は著しく低下し、これが中年太りの大きな原因です。

ですが、基礎代謝量は年齢や性別による差と、個人個人による差が大きいものです。
基礎代謝の個人差は、除脂肪体重の差によるものです。
除脂肪体重とは、体重から脂肪を除いたもので、大部分が筋肉となります。
筋肉細胞は脂肪細胞より活発な組織で、多くのエネルギーを消費します。
つまり、除脂肪体重が多いほど、基礎代謝量が多いという事です。

基礎代謝量が次第に低くなる原因は、筋肉量や筋肉の機能が低下し、それに伴ってエネルギー消費量も減少するためです。
ですが、適切な運動をすれば、筋肉量を維持して基礎代謝の低下を防ぐ事が出来ます

筋肉量の維持および増加には、筋肉に負荷をかけるレジスタンス運動が良いとされています。
レジスタンス運動とはいわゆる筋肉トレーニングの事です。

痩せたいなら、基礎代謝を維持するレジスタンス運動を取り入れよう!
タイトルとURLをコピーしました