ダイエットは『理想体重』より『ベスト体重』を目差せ!

ダイエットする時に設定する目標体重は『理想体重』ではなく『ベスト体重』にするべきです。
ダイエットする時目標体重はどうやって決めますか?

雑誌のモデルさんなどを見て、
「こんなスタイルになりたい!」
と思う人のBMIを算出し、そこから自分の身長に対するそのBMI値の体重を算出。その体重を目標にする。
でも、参考にしたモデルさんは健康でその体重を維持しているのだとしても、あなたにあった体重だとは限りません。
理由は個人差があるからです。

骨の太さ(骨の重さ)や筋肉の量(筋肉の重さ)などは、個人によって違います。
骨が太く筋肉が多い人が、骨が細くて筋肉が少ない人と同じBMIを目差すと、
ガリガリになり、健康を損なってしまうことがあるのです。
ですからダイエットで目差すべき体重は、『理想体重』ではありません。
『ベスト体重』です。

ベスト体重とは自分にフィットしている体重のこと。
元気に動けて体調も良く体脂肪率も問題なし、見た目も太っていない
こんな状態の時の体重のことを、ベスト体重と言います。

スポーツを行なっている人や筋肉がつきやすい人は、BMIが高くなりがちです。
でも見た目に引き締まっていて活動的に動けて体脂肪率も低いならば、BMIが標準より高くてもダイエットの必要はありません。

自分のベスト体重を見極め、自分にとってダイエットが本当に必要かどうか考えてからダイエットに望みましょう。
そして、ダイエットするときの目標体重は『理想体重』でなく『ベスト体重』を目差すことが、無理なく健康的に痩せる秘訣です。

タイトルとURLをコピーしました